エイビスの品質管理

どこよりも高品質なユニフォームを提供するために、エイビスでは厳しい品質管理を行っています。
ここではその一部をご紹介したいと思います。

  • 豊富な生地の種類

    豊富な生地の種類

    野球シャツに最適なメッシュ素材を6種ご用意しています。その中でも、エースメッシュが業界最多のカラー展開(19色)で、プロ野球チームの帽子素材としての実績もあります。エイビスが自信をもってお薦めする生地を取り揃えております。

  • 検査基準クリア証明

    検査基準クリア証明

    エイビスで使用している生地はすべて、厳しい検査基準をクリアしています。洗濯、耐光、摩擦、昇華、汗、水、色泣きなど4.5級以上を基準値としています。安心してプレーして頂ける素材をお届けしています。

  • 裁断パターン作成

    裁断パターン作成

    自社で製作するパターンでは縫製担当が、縫いやすいように注意するべき箇所に細かいノッチをいれるなど、出来上がりが綺麗になる工夫をしています。

  • 裁断現場の注意点

    裁断現場の注意点

    自社で生産したパターンを裁断室にデータで移動し、自動裁断機で生地をカットしていきます。生地目が真っ直ぐになるよう延反台に生地を並べたら、正確なカット線で生地をカットしていきます。自動裁断は正確で綺麗にカットできるので、縫製工さんたちからも縫いやすいと評判です。

  • 縫製のこだわり 1

    縫製1

    縫製のこだわりとしては、生地の厚みや特性によって針と糸を使い分けています。ユニフォームシャツでは9番の針がメインで、パンツでは14番の針を使用します。

  • 縫製のこだわり 2

    縫製2

    急ぎのご依頼にも対応するためには、スピードが肝心です。そんな時にミシンの糸替えはとっても時間がもったいないので、配置毎に色を揃えることで糸替え頻度を少なくし、1枚でも多く出来上がるように工夫をしています。

  • 圧着のこだわり

    圧着

    圧着マークではその特性上、文字の角を鋭角にすると剥がれやすくなるというデメリットがあります。デザインで角を極力丸める提案をして、剥がれにくいマークになるよう工夫しています。

  • 昇華のこだわり

    昇華

    200℃にもなる熱を加える昇華転写では、テストに基づき、得られた収縮率を加味して少し大きめに作成して、転写時に大きさが合うような工夫を凝らしてます。生地によってこの収縮率が異なるので、常にテストを繰り返しています。

  • 刺繍のこだわり

    刺繍のこだわり

    刺繍は加工する前に作成するパンチデータで出来上がりが決まります。この目の数を減らせば、糸を使用する量も、加工時間も短くなり仕事としてはとても効率的ですが、出来上がりが物足りなくなります。弊社ではお客様に満足頂けるよう、手間を惜しまず刺繍を施しています。